笑顔の医者

症状の設定ランク

うつ病にはいくつもの種類があります。また種類だけではなく、タイプや年齢なども関係しており、自分がどういった状況なのか把握することは非常に難しいでしょう。病院や、個人で行なうセルフチェックなどはあくまでも、うつ病という大きな枠として判断するに過ぎないといえます。治療を始めることでこの細かい詳細を把握していくのです。こうすることで、要因、原因など治療に必要な情報を徐々に集めて解消していくことが目的です。

うつ病は何も大人だけの病気ではありません。子供にも十分起こる可能性があるのです。発症要因の中に代表的なものとしてストレスがありますが、このストレスは子供でも十分に感じるのです。ただし、大人ほどの大きな変化があまり無いため、見逃されやすいといった特徴があります。小学生などの引きこもる原因にはうつ病を患っている子供が少なからずいると言われています。何より、子供が感じるストレスで一番大きなことは環境の変化があります。一部の子は環境に対応できる能力が著しく低いことがあります。通常ならば成長とともに解消いしていくのですが、それができる前にうつ病を発症することがあります。保護者は自分の子供のこういったサインのようなものを見逃さずに、セルフチェック、または医師によチェックを行なうことで適切な対応をしていくことが大切です。子供の場合、チェックに嘘をつくこともあるので、正直にチェックを行える環境作りも重要といえるでしょう。

▲TOP