笑顔の医者

欠かせないサポート

様々な症状があり、細かく分けることができるうつ病ですが、これらの症状にも段階があります。軽度の場合などは比較的自分の意思もあり、ネガティブ傾向が多少強い程度といえるでしょう。重度になればこの状態が大きく変化し、ひとりごとをいったり、意味のわからない行動などをとることもあるようです。その為、日常生活にも大きく影響してしまうことが考えられるので、周囲の人間、家族や恋人などの手助けが必要になるでしょう。うつ病患者の行動などをチェックし、毎日どういったことをしているのか、症状は治まってきているのか、進行しているのかなどの点を把握することが望ましいでしょう。特に行動は重症患者の場合、可能な限りのチェックを行なうといいでしょう。

多くの人がうつ病として診断されていますが、患者の潜在的な数は数倍いると言われています。つまり、病院へ行って診断していないだけで、うつ病にかかっている人は大勢いるのです。少しでも家族の行動や発言などに違和感を感じた場合、それは一つのサインなのかもしれません。周囲の人間はもしかしてといった可能性でみることも大事といえるでしょう。子供がうつ病になった際にはサポートの方法としていくつかありますが、それ以前にやってはいけない、いってはいけない言葉などがあります。子供がストレスを抱える要因の一つに、この言葉などが大きく影響してくることがあります。親から常に言われていることなどがそのNGワードになっていることが多いようです。

▲TOP