笑顔の医者

治療に使用する薬

うつ病の治療方法で一般的なものとして、薬を使用した方法とカウンセリングなどを併用して行なうものがあります。薬は精神をおちつかせる効果があるものです。落ち着かせてからカウンセリングを行なうことで、その人の心理的な要因を見つけ、原因を自覚することができます。本人が要因を自覚することで、個人でも対処できることもあるでしょう。また、外的な要因があれば、周囲の人間からのサポートを受けることもできるので、改善を期待することができます。

使用する薬の量ですが、これが確実にチェックし、言われた分量を服用するようにしましょう。これらの分量は症状が軽くなったからといってすぐに減らすものではありません。うつ病は目に見えない分正確な状態を判断することが難しいといった点があります。その為、落ち着いたように見えた症状でも、すぐにまた出てしまうことも珍しくないのです。一定期間設定し、この期間内は確実に使用しい続けるといった方法がいいでしょう。

適切な分量は重要です。医師もチェックを行い処方するようにはしています。症状が軽い状態の患者に対して、薬を多く処方することはよくありません。この理由として、使用する抗鬱剤の効果の大きさがあります。抗鬱剤には複数のものがありますが、そのどれもが比較的強力なものとなっています。早期改善を目指す為のものであり、より早く安定させるためには必要なものなので、周囲の人間、または個人で服用する量は適切にしなければいけません。適切な量を決めるのはあくまでも医師なので、これを順守する形で使用していくことが望ましいでしょう。毎日チェックを行い、安全に使用することが大切です。

▲TOP