笑顔の医者

症状緩和の方法

医師によるチェックを行い、適切な分量の抗鬱剤を使用することになります。しかし、抗鬱剤だけで全て解決できるものではありません。うつ病にはリラックスするための気晴らしなども重要なポイントとなります。気晴らしの中で、自分にあったストレス解消方や、楽しみを見つけることで、症状緩和や改善に大きく役立つものとなります。ここでチェックポイントが一つあります。それが自発的ということです。気晴らしをするのはいいですが、これは自発的に行なうことが最も重要になります。強引な連れ出しなどはその人にストレスを与える要因となり、緊張状態を作ることになります。本人にやってみようと思わせることや、意思の尊重が重要になるといえるでしょう。

ストレスサインのチェック方法があります。ストレスを感じると人は大なり小なり表情や態度にでるものです。うつ病患者の多くはこれらを自分の中で蓄積してしまう傾向があります。その為、ストレスサインに気づくことが重要です。ストレスサインは大人であればある程度隠そうとするため、比較的気づくことが難しいかもしれません。しかし、子供は生活態度にすぐにでることがあるので、隠そうとしてもチェックをしていれば気づくことができます。うつ病を自分たちには関係ないものとして考えるのではなく、自分たちにも起こりうるものとして認識することが、ストレスサインに気づくきっかけになるかもしれません。

▲TOP