笑顔の医者

回復できる重要な期間

うつ病は治ります。しかし、この治る速度には個人差が大きく関係してきます。個人差の要因としては、現在の体調、または精神的な状態などがあります。これらは人の生活環境に依存するので、早い回復が見込める環境を作ることも大事でしょう。その為には現状チェックを行い、要因となるものを排除するなどの手間が必要です。多くのうつ病患者は現在の状態を本人で把握することは難しいでしょう。その為、周囲の人にこのチェックをお願いするケースが多々あります。状態、環境チェックの必要性としては、回復しやすい時を把握することです。患者の多くは精神的な要因が多く、著しくメンタルが弱体化しているといえます。ですが、それはずっとではないでしょう。日常生活のどこかにリラックスできる環境や瞬間があるはずです。これがどういったものなのかは個人によってことなります。その為に体調のチェック、環境のチェックを行なうことで、みつけることができ、対処することが可能になるのです。

次に症状の状態を見極めることです。治療を始めた患者の中には順調に回復に向かうケースも多くあります。治療方法がその人に最適だった場合、その期間はより短いものになるでしょう。その際精神的に不安定だったものが、安定してくることが一般的です。この安定が油断を生むこともあります。治療が進み、安定したときに、社会人として仕事復帰を望む傾向が多くの男性を中心にみることができます。しかし、うつ病は見た目では治療が成功し、完全に回復したとは断定することが非常に難しいものです。これを自己判断で回復したからと仕事に復帰し、再びうつ病になるケースも非常に多くなります。このケースでは周囲の人間が体調チェックをしていてもわかるものではありません。そのチェック者も軽い判断を下すこともあります。チェックで大丈夫そうだから復帰するのではなく、意思の適切な判断を仰ぐことがとても重要といえるでしょう。

▲TOP